加圧トレーニングの効果|シェイプアップや顔痩せを実現したいならパーソナルトレーニングをしよう

加圧トレーニングとは

加圧トレーニングとは、足や腕に専用バンドを巻き、圧力を加えていくことで血流を制限します。その状態からトレーニングをすることを「加圧トレーニング」と言います。血流の制限とは、血流を流れにくくしている状態のことです。比較的短時間で行うトレーニングです。

加圧トレーニングの効果

ジム

筋力アップ

加圧トレーニングは、軽い負担でも重い負担をかけられた時と同じくらいの筋肉を鍛えることが可能です。なのでトレーニングにかける時間も短くて済みますし、筋力が弱い女性でも身体に負担をかけずに筋トレが出来ます。また、渋谷の加圧トレーニングでは速筋と遅筋の両方鍛えられるのでとてもおすすめです。

アンチエイジング

加圧トレーニングを行うことで乳酸が増加します。この乳酸には新陳代謝が良くなる成長ホルモンをたくさん分泌させる働きがあります。この成長ホルモンは綺麗なお肌作りにかかせないことはご存じでしたか?普段は寝ている間に分泌される成長ホルモンですが、この加圧トレーニングを行っている最中も成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンはお肌だけでなく髪の毛をツヤツヤにしてくれる効果もあります。寝ている時の約300倍の成長ホルモンが大量に分泌されることで、ハリを取り戻し老化防止にもなります。

リハビリ効果

軽い負担でトレーニングを行えるので、怪我をしている方など長い時間の運動が不可能な方にもリハビリとして行うことが出来ます。動きが制限されてしまう捻挫や骨折をしてしまった方にも、加圧トレーニングで筋力をつけておくと治りも早くなります。

ダイエット

加圧トレーニング自体で痩せるということはなく、どちらかというと加圧トレーニングで基礎代謝を上げて、太りにくい体になると言った方が正しいです。筋肉をつけることで脂肪燃焼しやすい体になるので、有酸素運動を取り入れると効率よく痩せられます。また、ベルトを着けて圧をかけた状態での腹筋や背筋は、鍛えれば全身の脂肪燃焼を助けることにも繋がります。

加圧トレーニングで気を付ける点

自己流はダメ

加圧トレーニングはやり方次第で体を痛める恐れがありますので、絶対に自己流でやってはいけません。圧力・トレーニング時間・ベルトの位置などは、トレーナーの指導もと行うようにしましょう。

専用ベルトを使う

加圧トレーニング中は適切に圧がかかるよう、専用ベルトを装着します。それ以外のベルトやひもは使用しないようにしてください。血流が止まってしまうことが考えられます。絶対に専用ベルトを使用しましょう。

時間を守る

勝手に長時間行ってしまったりすると、筋肉を鍛えるどころか、虚血状態となってしまい危険です。この状態になると血栓ができたり、しびれなどを引き起こしてしまう可能性があります。トレーナーの指示のもとで時間を守るようにしましょう。

毎日やらない

筋肉はすぐに出来るようなものではありません。筋肉というのは、修復しながら筋肉が育っていくので時間がかかります。毎日やるより、効果的な周期で行う方が早く筋肉がついてきますので、毎日やるのは避けましょう。

圧力を変えない

自分の判断で勝手に圧力を変えることはやめましょう。特に高い圧力をかけたからといって、効果は高まりません。必ずトレーナーの指示のもとトレーニングをしましょう。

広告募集中